候の最新情報

  • 小暑 [温風至]
    宇城エリア2018年7月10日
  • 小暑 [温風至]
    水俣・芦北エリア2018年7月8日
  • 小暑 [温風至]
    熊本エリア2018年7月7日

その他の最新情報を見る

エリアの最新情報

  • 立秋 [蒙霧升降]
    熊本エリア2018年8月18日
  • 立秋 [寒蝉鳴]
    熊本エリア2018年8月14日
  • 大暑 [大雨時行]
    熊本エリア2018年8月4日

その他の最新情報を見る

小暑初候   温風至[あつかぜいたる]

七夕と開懐世利六菓匠

2018年7月7日更新
【キュレーター】相藤 春陽 熊本エリア

季節の和菓子
水羊羹、葛饅頭、生菓子天の川。

七夕に冷茶と共にいただく和菓子は、川尻町の和菓子やさん菓舗梅園さんのものです。

熊本市川尻地区には、梅園さんを含む開懐世利六菓匠(かわしりろっかしょう)という和菓子職人の集団がいらっしゃいます。
17世紀の細川藩の時代に川尻は港町として栄え、商業の町として発展し、桶屋、刃物などの工具職人の町としても有名になりました。
時代の変遷とともに川尻の町は衰退して行くことになるのですが、6軒の和菓子のお店を中心に「開懐世利六菓匠」として職人の町、和菓子の町として20年以上前に町おこしをされました。

和菓子は、季節の寄って形や中味が変わります。
季節の食材を使うと言うより、見た目や色、形で季節を表現するのが和菓子です。
お茶の世界では和菓子を食べることで季節を感じるようです。

職人さんの作る美しい細工の和菓子や今の季節ならではの冷たい和菓子など、七夕にちなんだ和菓子を食べてみませんか?