ページ内移動リンク

白露次候   鶺鴒鳴[せきれいなく]

まだ遠い?随兵寒合

2019年9月16日更新
【キュレーター】星原 克也 熊本エリア

写真ギャラリー 飛ばしてテキストへ

藤崎八旛宮秋季例大祭の飾馬奉納に勢子として参加しました。

夜も明けぬ午前4時、初めて参加する8歳と11歳の娘を起こし、法被を着付け、髪を整え…普段とは違う高揚感を感じます。

藤崎宮を出たのは午前7時過ぎ。すでに日は高く、気温もぐんぐんと上昇しています。娘たちは参道の屋台に気を取られつつ、沿道の声援に押され走り出しました。

早朝にもかかわらず、上通、下通、新市街のアーケードにはたくさんの見物客がありました。娘たちもクラスメイトに声を掛けられたり、拍手を送られたりしながら祭を楽しんでいます。私も思いがけない人との再会を果たし、嬉しくなりました。これも祭の醍醐味です。

最大の見せ場は日銀熊本支店前。勇壮な馬追いが披露されます。私は隊列の後方にいたため、見ることはできませんでしたが、馬廻りの勢子たちが、見せ場を作ったようで、ひときわ大きな拍手が起きていました。

唐人町に入る頃には、娘たちも囃子のリズムを覚え「ドーカイ!ドーカイ!」と声も出るように。午前10時前には御旅所・新町に到着しました。「楽しかった」「来年も出たい」と感想を述べていました。

朝随兵のみの参加でしたが、夕随兵はオープンしたばかりのサクラマチを訪ねる人出も重なり、かなり賑わっていたようです。

随兵寒合(ずいびょうがんや)という言葉があります。例大祭が終わると、秋も深まり肌寒さを感じるようになるということで、昨夜は文字通り涼しい風が吹いていたのですが…
きょうの予想最高気温(熊本市34度)を見ると、まだまだ寒さとは縁遠いようですね。熱中症に注意して、祭の疲れを癒しましょう。

「エリア最新情報」「候の最新情報」へのナビゲーションエリア 飛ばしてフッターへ

ここから共通フッター