ページ内移動リンク

立春初候   東風解凍[はるかぜこおりとく]

メタセコイヤの木の話

2020年2月7日更新
【キュレーター】たかき あゆみ 熊本エリア

写真ギャラリー 飛ばしてテキストへ

【メタセコイヤの木の話】
 
熊本市中央区の遊水池公園から北西を眺めると
打越の丘の上に 大きなメタセコイヤの木が2本見えます。
 
季節を教えてくれるこの木は 今は茶色。
大きな葉っぱが落ちて 寒そうです。

国道3号線からも 建物の隙間から覗くことができるこの木。
 
「この木があるから ここに住むことを決めたの」
と言っている人がいました。
 
メタセコイヤのある土地に縁のある人は
 
「いつ台風で倒れたり
 近くの方から『落ち葉が迷惑だから切ってくれ』
 ということになるか分からないから
 今しっかり目に焼き付けたい」
と言っていました。
 
町を見守るシンボルツリーが 緑色の葉で覆われるのはもう少し先です。

2020年2月7日
キュレーター たかき あゆみ
立春×メタセコイヤの木
熊本エリアの情報

冬と春の 打越の写真と共に。

「エリア最新情報」「候の最新情報」へのナビゲーションエリア 飛ばしてフッターへ

ここから共通フッター