ページ内移動リンク

大暑次候   土潤溽暑[つちうるおうてむしあつし]

ひと月遅れの夏越祭で転禍招福

2020年7月31日更新
【キュレーター】木下真弓 天草エリア

写真ギャラリー 飛ばしてテキストへ

【ひと月遅れの夏越祭で転禍招福】
お供え用の落雁を買いに和菓子屋さんへ立ち寄ったら、すぐそばにある「本渡諏訪神社」に巨大な茅の輪が登場していました。気づけば今日は夏越祭。熊本市や宇城市などでは先月末に行われていた「夏越の大祓(なごしのおおはらい)」ですが、天草の本渡諏訪神社では毎年1ヶ月遅れの7月31日に執り行われるのが恒例のよう。茅の輪をくぐることで半年間で知らず知らずのうちについていた罪や穢れをはらい、夏から年の瀬までの半年間の無病息災を願う意味もあるとか。茅の輪もさることながら、境内に掲げられたウィットに富んだ絵灯籠にも、モヤモヤを吹き飛ばす力がありそうです。
 コロナあり 三途も渡航 禁止ちゅう
コロナに豪雨に、台風に、野菜高騰に熱中症。たくさんの心配事もありますが、「禍転じて福となす」を信じて、手を携え、ふんばって&乗り切っていきたいものです。
2020年7月31日の投稿
大暑×営み、行事
天草エリアの情報
キュレーター 木下真弓

「エリア最新情報」「候の最新情報」へのナビゲーションエリア 飛ばしてフッターへ

ここから共通フッター